post

menu

#Reception #H&M #Kyoto

本ブログエントリーは扶桑社『Numero TOKYO (Numero.jp)』でも配信しています
本ブログはファッションウェブメディア『Fashionsnap.com』でも配信しています

 

本日発売のWWD JAPANにも取り上げられてるが、H&M、国内最大規模のショップが京都にローンチした。今回はNYのH&MとALEXANDER WANGのコラボレーションパーティーの時とは違い、運営側としての出席。京都本社の地の利を生かして、五花街全ての芸舞妓や京都のVIPをお呼びする役割で参加した。初めてやったけどコーディネートの仕事ってめっさ大変なんですねナカヤマン。です。

詳しくはWWD JAPANを見ていただくとして、オープニングレセプションは大成功。DJブースを含め、綿菓子、かき氷、輪投げ、射的など夏祭り的コンテンツが配置された全7フロアは全て満員。祇園の友達からは2013年の年越しと同時に「インビテーションなんとかならへんやろか。」と頼まれていたのだが、それも納得の熱気に囲まれた。

京都で、というか東京以外で国内のレセプションに初めて出席したのだが、いわゆる芸能人の集客がメインではないパーティーを初めて体験した気がする。一般的に、東京のレセプションでは「ブランドのプレゼンテーションを見る」こと「友人と談笑する」ことが目的になるが、地方のレセプションは「たまのお出掛け♪」という印象。リピーター相手と、一見さん相手のビジネスほどの違いがあるかもしれない。

そういう意味で、まず「出掛けて来てよかった」と思って頂く重要性を実感した。慣れが伴わない分「やっぱり家が一番w」なことを前提に、如何に非日常を楽しんでもらうかがポイントになりそうだ。そういう意味では今回の夏祭り的なコンテンツは素晴らしかったと思う。芸子さん、舞妓さんとの触れ合いも楽しんで頂けたハズ。

半年掛けて細尾さんに作って頂いた着物を下ろして行った甲斐もあり、ボクも「たまのお出掛け」感は十分に実感できた。子供の頃に、親戚の叔父さんにお呼ばれして、家族とお出掛けしたのを思い出した。よそ行きの格好して、河原町のハマムラに良く連れて行ってもらったなあ。やはり故郷で仕事をするのは心地良いですね。ということで京都のお仕事お待ちしてます♡

【2015.12.15 20:58追記】WWD JAPANの掲載は事情により翌週2015.12.22発売号に持ち越されてたらしいです(恥

 

H&M KYOTO
住所 :京都市中京区河原町通四条上2丁目下大阪町354
TEL  :075-253-0200
Web :HM.com/jp

 

 

by NKYMN
Photography NKYMN w/OLYMPUS OM-D E-M5

 

 

This blog entry is also on the Fashion magazine – Numero TOKYO Online
本ブログエントリーは扶桑社『Numero TOKYO (Numero.jp)』でも配信しています

This blog entry is also on the Fashion Web Media – Fashionsnap.com
本ブログはファッションウェブメディア『Fashionsnap.com』でも配信しています